コンタクトレンズのお勧めを紹介!売れ筋のコンタクトとは?

コンタクトレンズのお勧めを紹介!売れ筋のコンタクトとは?

コンタクトレンズのお勧めを紹介!売れ筋のコンタクトとは?

コンタクトレンズはどこのメーカーのどんなものが
おすすめなんでしょうか?

 

あなたは、メーカーだけでコンタクトを選んでいませんか?

 

1つのメーカーでもいくつものコンタクトレンズがありますので、
「このメーカーのコンタクトレンズがオススメ!」
とは簡単には言えないですよね。

 

ワンデーコンタクトを出しているメーカー
さんだけでも、

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン
シード
クーパービジョン
ポシュロム
日本アルコン

 

があります。

 




クーパービジョン買うなら絶対にglensがオススメ!

 

ワンデーは1回使用のみなので、レンズのケアの必要が無く、
衛生面的に最も安全なコンタクトです。

 

実際にコンタクトレンズ使用者の中でも
ワンデーコンタクトを適切に使用している人が、
1番眼病にかかるリスクが低いです。

 

唯一の欠点としては、他の使い捨てレンズに比べて、
コストがかかる・・・ということです。

 

コンタクトレンズには大きく分けて「1日使い捨て」「2週間使い捨て」
「1ヶ月使い捨て」の3種類があります。

 

このうち、「2週間使い捨て」「1ヶ月使い捨て」のコンタクトレンズには、
専用のケア用品が必要になります。

 

その点では、「2週間使い捨て」「1ヶ月使い捨て」は、ほとんど
同じようなものですね。

 

毎日のレンズケアが面倒なら「1日使い捨て」のコンタクトレンズをおすすめしますが、
面倒でないなら、コストパフォーマンスの良い「2週間使い捨て」
「1ヶ月使い捨て」のコンタクトレンズを選ぶことをおすすめします。

 

ワンデーのコンタクトレンズは、今は、カラーコンタクトの世界でも
主流になりつつあります。

 

長時間、目に装用するものだから、コンタクトつけていない状態に近いものが良い、
すなわち酸素を角膜に供給できる量が多いもの(角膜上酸素分圧が高いもの)が
良いとのこと。

 

酸素の供給が少なくなると、角膜細胞中の新陳代謝のバランスが崩れ、
角膜の一番内側の細胞(角膜内皮細胞)が減少してしまったり、
酸素を取り込もうとして黒目に血管が侵入してくるなど、良い事がありません。

 

後、毎日、長時間使うなら酸素をよく通すハードレンズや
うるおいタイプのソフトレンズなどが おすすめです。

 

大切な目をいたわるためにも、コンタクトレンズを長く装着する方は、
少々コストがかかっても瞳に優しいレンズを選ぶことをおすすめします。

 

コンタクトレンズ通販では、処方箋の提出が不要なことが多く、
度数がわかればコンタクトレンズを購入することができます。

 

普通の通販サイトと同じく、レンズの度数を指定してカートに入れ、
決済手続きを行えば、あとは家に届くのを待つだけです。

 

店頭まで足を運ぶのが面倒な方は、通販を検討するのも良いと思います。

 

コンタクトレンズを選ぶのに迷っている方に参考にしていただけたらと思います。

 




グッドレンズ

 

 

adsense

adsense


ホーム RSS購読 サイトマップ